さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2012年06月12日

植物園と登山とグルメ / 一人旅三日目


 さて、朝食を食べたあと準備をして、9時頃に給食室ご一行様と同時にチェックアウト。私はまた歩いて歩いて小樽旅でございます。もっとも今日は帰る日なので、昼過ぎまでしか遊べませんけどね。


 住宅街の坂を上がったり下がったりしながら歩くこと約10分。中野植物園に到着しました。まぁいわゆる一つの私設テーマパークです。ここも前から気になっていたのだ。ゲートをくぐると右に受付があります。受付といっても民家です。玄関のドアを開けて「すみませ~ん」と声を掛けると、おばちゃんが出てきました。ここで入園料を払います。大人200円(小人100円)。なんだかワクワクしてきた。


 まずは恵比寿さんがお出迎え。


 と、次に目に飛び込んできたのはこれ。子供向けの遊具です。特注品ですね。象のようです。シュールだなぁ。


 とりあえず奥へ進みましょう。天気が良く、日差しが強いので、ちょうどいい森林浴です。植物園なので、それぞれの樹にはちゃんと名前の札などが取り付けられています。オンコとか、あんまり背の高いのって見たこと無いんですが(せいぜい2~3mくらい)、ここのは7~8mはありましたね。すごいです。でも全然そういうのを撮ろうとは思わないんだよね。いきなりの遊具の方がシュールすぎて(汗)。


 おっと!また遊具です。ウサギとカメだそう。素晴らしい! 誰もいないので遊ぼうかと思ったけど、見られたときが恥ずかしいのでやめました。もっともさっきのもそうなんだけど、誰かが回す役をやらなきゃいけないので、一人では遊べませんね。


 すぐに中庭に到着。カラフルな色の遊具だらけです。平日なので誰もいません。木々の緑に原色で塗られた遊具が映えますね。しかも藤の花が満開で、ほどほどに散った花びらが地面を彩っているので、なかなか絵になりますわ。


 もうちょっと上がっていったら、頂上付近に凄い滑り台を発見。妙に長いし。フツー、滑り台の下の部分って、傾斜が緩やかになってて減速しながら止まれるようになってると思うんですが、これはまさにストレートの直下型。しかも最下部はコンクリートと、最速のまま叩きつけられる構造です。しかも画像の右側はちょっとした崖なので、そのまま落下もありえそう。シュールすぎる(汗)


 というわけであとは別の道を降りてくるだけなんですが、すぐ隣に源山というのがあり、登山できるとのこと(ただし、植物園の入園料を払わないとダメ)。せっかくなので登ってみることにしました。登山口入り口です。この辺にも例の遊具があります。


 途中、スズメバチらしき生物の威嚇を受け、引き返そうと思ったのですが、収まったのでそのまま登山。


 最後の最後にガレ場がありましたが、立派な手摺りがあるので楽ちんです。そんなわけで、とったどー! 眺望は木々に隠れてイマイチですが、そんなに時間も掛からないし、登ってみるのも面白いですよ。ナンもないけど。ちなみに標高150m。ということで同じ道を降りてきまして終了。植物園内散策と登山とで、入園から約1時間くらいでした。今時季も緑がキレイだけど、秋なんか紅葉でもっとキレイなんじゃないかなぁ。その頃にまた来て、遊具をセピアで撮りたいですね。そんなわけで、植物園をあとにして、またまた歩くのでありました。暑いぜ。


 喉が渇いたので、途中のコンビニで炭酸水購入。その後もまた歩いていると、公園発見。ちょっと覗いてみよう。


 な~んか、もの凄く奥まで森の中を道が続いています。


 水場もあって、癒されますなぁ。長居したくなりますが、今日はそんなに時間もないので。


 というわけで、歩いて歩いて幸町まで。到着しました。手打ちそばのお店「きむら」さんです。月曜が定休日でウチと被るので、行きたいと思いつつなかなか行けなかったのだ。


 せいろ(700円)を注文。外一(蕎麦粉9割に小麦粉1割)です。粗挽きで、最初に口元に持って行ったときの香りがたまらん! あぁもうダメ、虜になりそう(汗)。昼になってボチボチ混み始めてきたのでお店を出て、ここからまた歩こうかと思ったのですが、ちょうど良いタイミングでバスが来た。タイミング良すぎで迷うことなく乗り、小樽駅へ。


 小樽駅からまたしばらく歩き、お昼ご飯二軒目であります。花園の「なまらや」さんでございます。ここも前から行きたかったのだが、なかなか家族で普段小樽に来ても、買い物が主体で、そのまま買い物先の近くで回転寿司というパターンばかりですからね。今回は一人だし、自由なのだ~


 昨晩、ざっかす島影さんで会ってるので初めてではないと思いきや、聞いたら前にウチに来たことがあるんだそう。それはそれは失礼しました(汗)。ランチは野蛮肉のセットを選びました。パンかライス付きなんでパンを選び、更にビール付きにしてもらって1,100円(この画像の他に、最初にワンプレート出てきました)。野蛮肉は思ってたより大きくてビックリ。ギャートルズ気分に浸りたい方におすすめです!


 そんなわけで、そろそろゲームオーバーの時間。小樽駅に戻って、14:50分発の長万部行きに乗ります。


 乗ったはいいけど、札幌方面からの汽車が人身事故の影響で遅れているから、その到着を待って出発するとのことで、約10分遅れで出発ということに。帰ってから飲もうと思って買った小樽ビールですが、まぁとりあえず飲んで待ちましょう。


 10分遅れで出発しながらも、定刻通り16:17分に倶知安駅到着。やればできるじゃん。ここからはヒルトン行きのバスが出てるので、それに乗って帰ります。この日乗ったのは16:50分発のバス。バス停は倶知安駅を出て左側、ロータリーの出口付近にあります。乗ったのもこの赤い色のバスです。


 ゆらりゆられてミルク工房まで30分弱。運賃570円です。降りたらアワグラスはすぐそこですよ。これは便利です。皆さんも使ってください。時刻表は私がまとめたのがありますので、こっちからどうぞ。ちなみにこの日の乗客は私一人だけでした(汗)。

 ということで、2泊3日の小樽旅は終了です。楽しかったなぁ。また行くぞぉ~




 ←まずは一押し!


同じカテゴリー(小樽2012年6月)の記事画像
散策と祭りと、念願のざっかす島影 / 一人旅二日目
銭湯温泉と夜の小樽満喫 / 一人旅一日目
同じカテゴリー(小樽2012年6月)の記事
 散策と祭りと、念願のざっかす島影 / 一人旅二日目 (2012-06-11 23:59)
 銭湯温泉と夜の小樽満喫 / 一人旅一日目 (2012-06-10 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
植物園と登山とグルメ / 一人旅三日目
    コメント(0)