さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2013年09月24日

草津到着。地蔵の湯。講座初日…


 5時起きです。4時間しか寝てません。眠いです。まずは6:14分の高崎駅始発の吾妻線に乗り、長野原草津口駅まで行きます。睡眠不足は電車で寝て補えばいいやと思っていましたが、渋川駅あたりから高校生がどっさり乗ってきて、寝られたもんじゃぁありません(汗)。まぁ途中で降りるだろうと思っていたら、結局、長野原草津口駅まで一緒(笑)。しかもその後のバスまで一緒。バスも満員です。


 7時40分過ぎのバスで草津温泉へ向います。駅から2つ3つくらいの停留所で高校生全員降りてしまったので、残った乗客はほんの数名。一番前の席へ移動して、車窓からの景色を楽しみます。なんか凄く懐かしい。なんせ20年以上ぶりの草津だもの。大学を出て就職した会社の健康保険組合で保養所契約してるホテルが草津にあった関係で、安く泊まれるからと、20代の頃は毎年のようにスキーをしに草津に通っておったんですよ、私。


 バスにゆらり揺られて約30分。8時10分過ぎに草津のバスターミナルに到着しました。講座の会場は隣の草津町役場なんですが、受付時間まではまだたっぷり一時間程度も時間があります。となれば、まずはひとっ風呂でしょう。向いましたのは共同湯の地蔵の湯です。



 湯量豊富な草津には共同湯がたくさんありますが、基本的には地元民向けなので、マナーを守り「入らせて頂く」という気持ちで入りたいもの。ちょうど地元の方が二人ほど入っていたので、「おはようございます! 失礼します~」と挨拶すると、「あぁ、おはよう!」とお返事が。「ちょっと熱いからね~」と言われつつ掛け湯すると、うん、おっしゃるとおり、熱いです(笑)。


 しばらくするとお二人とも帰られたので、浴槽をパチリ。


 して、お約束の。交感神経を刺激される、目覚めにぴったりの湯加減でした。


 地蔵湯前にある足湯に浸かりながら4sq上でチェックインし、湯畑へ。こういう案内が路上のあちこちに埋め込まれています。


 いや~来たぜ草津温泉! 22~23年ぶりかな。懐かしい!


 そして歩いて草津町役場へ。ここで3日間、温泉観光士の講座があるのだ。


 講座の行われる部屋へ行くと、ニセコ町役場勤務の向田さんがすでに来ていました。彼女は前日から草津入りしていたのだ。他にも顔見知りの温泉ソムリエ仲間がいっぱい受講しに来ていました。そんなわけで、講義の始まり始まり。午前中に2講座2時間の予定が、先生の都合で3講座3時間に変更となりました。いや~最初の一時間はさすがに眠くてたまらなかったぜ(汗)。


 昼は向田さんや温泉ソムリエ仲間数人と一緒に役場近くのレストランへ。そこで「温泉まんじゅうそば」なるものを発見。他に「温泉まんじゅう天丼」もある。餡の入った温泉まんじゅうを揚げてトッピングしてあるというもので、皆さん興味津々。恐る恐る注文してみると、これが意外とマッチする。クセになりそう。なかなか美味しゅうございました。


 そして午後は2講座2時間。初日の講座終了後に、ちょいと時間を貰って、向田さんがニセコをPR! ニセコのパンフレットやら、持って行った分を全部配布しました。大変良く出来ました!


 ということで、17時ころに初日の講座終了。本日のお宿にようやくチェックインとなりました。お宿は素泊まりの宿「はなみづき」さん。講座の会場から近かったのと、3,500円の安さに惹かれました(4畳半ですが)。それでいてお風呂は温泉(・∀・) ひとまず部屋に入って休憩したのち、夜の湯畑へ繰り出すのであった…



↑ facebookページもどうぞ! 「いいね」を押してね♪

 ←こっちも一押し!


同じカテゴリー(草津2013年9月)の記事画像
白旗の湯、西の河原、講座2日目&試験、そして懇親会…
御座の湯からの、初日の反省会。
草津「温泉観光士」認定講座受講の旅~出発
同じカテゴリー(草津2013年9月)の記事
 白旗の湯、西の河原、講座2日目&試験、そして懇親会… (2013-09-25 23:59)
 御座の湯からの、初日の反省会。 (2013-09-24 23:59)
 草津「温泉観光士」認定講座受講の旅~出発 (2013-09-23 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
草津到着。地蔵の湯。講座初日…
    コメント(0)