さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

ログインヘルプ


2016年07月07日

北海道新聞7月7日朝刊「朝の食卓」

北海道新聞7月7日朝刊「朝の食卓」

休息の湯 - さとう努
   ◇
 5月に新潟で行われた温泉ソムリエのイベントに参加した。車に荷物を積み込み、行きは小樽からフェリーで新潟入り。イベント後は名湯めぐりをしながら北上し、青森からフェリーで函館へ渡って帰るという約一週間の旅。計画の段階から子供のようにワクワクした。
 新潟の温泉はもちろん、蔵王、鳴子、乳頭、玉川、酸ヶ湯、蔦、谷地温泉といった有名どころにも立ち寄った。とりわけ東北は歴史ある名湯が多く、酸性泉や硫黄泉など、名湯ゆえ泉質的に成分が濃かったり、効き目が強かったりするところも少なくない。秋田の玉川温泉に至っては日本一の酸性度を誇り、少し浸かっただけで肌全体がピリピリするほど。名湯だからと濃い泉質のところばかり回っていると、思いのほか体力を奪われ、体調を崩すこともある。
 そんな名湯めぐりの途中に泊まった宿が、秋田県八幡平の麓にある銭川温泉。静かな森の中にひっそりと佇む、川の畔の一軒宿だ。無色透明なアルカリ性の美肌湯は、単純温泉で、成分的には薄いものの、強い泉質をめぐったあとの疲れた体にはとても優しく、湯治客とのフレンドリーな会話もあって、身も心もすっかり癒やされた。
 まさに休息の湯。ここに泊まらなかったら疲労が抜けず、その後の湯めぐりにも影響したことだろう。他の温泉も素晴らしかったが、結局この時の休息感がこの旅で一番印象に残り、銭川温泉は私にとって忘れられない名湯の一つとなった。(温泉ソムリエ・ニセコ)


同じカテゴリー(掲載・出演等)の記事画像
今年最初のSTV「どさんこワイド179」出演!
温泉ロケ
北海道新聞1月25日朝刊「朝の食卓」
北海道新聞10月26日朝刊「朝の食卓」
北海道新聞8月13日朝刊「朝の食卓」
北海道新聞5月31日朝刊「朝の食卓」
同じカテゴリー(掲載・出演等)の記事
 北海道新聞4月11日朝刊「朝の食卓」 (2017-04-11 23:59)
 北海道新聞3月4日朝刊「朝の食卓」 (2017-03-04 23:59)
 今年最初のSTV「どさんこワイド179」出演! (2017-02-03 23:59)
 温泉ロケ (2017-01-28 23:59)
 北海道新聞1月25日朝刊「朝の食卓」 (2017-01-25 07:00)
 北海道新聞12月2日朝刊「朝の食卓」 (2016-12-02 07:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
北海道新聞7月7日朝刊「朝の食卓」
    コメント(0)