さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年04月11日

北海道新聞4月11日朝刊「朝の食卓」

記録に残る夜 - さとう努
   ◇
 3月の初めに空知管内妹背牛町で温泉のイベントが行われ、その中でパネリストの一人として登壇させていただいた。そのイベントのために東京からわざわざ友人がやってくるというので、ニセコで合流し、イベントの前日から一緒に日本海側の温泉を巡りつつ、妹背牛を目指すことにした。
 日本海側にはなめると海水のようにしょっぱい成分濃度の高い温泉が多い。保温効果が高く、湯冷めしにくいのが特徴だ。その日は風が強く寒かったこともあり、湯温が低くなっていた施設もあったが、それでも入浴後に車に戻ると、汗が噴き出るほどに体が温まっていた。
 成分濃度が高いということは、いわば効き目の強い薬みたいなもの。それ自体はありがたいことだが、効き目が強い分、思いのほか体力を奪われがちだ。休憩をはさみんで入るなど、入浴の仕方にも工夫がいる。その日は長湯しないように気をつけながら4軒ほど湯巡りした後、留萌管内羽幌町の温泉宿に泊まった。
 晩は友人と繁華街へ繰り出して飲み屋をはしごした。すっかりいい気分で宿に戻りベッドに横たわると、湯巡りによる心地よい疲労感に包まれ、一気に深い眠りについた。
 一夜明けたイベント当日の朝、スマートフォンを見ると、そこには「甘エビ塩ラーメン」の画像があった。締めにラーメンを食べていたのだった。本番前だというのに、どうやら少し飲みすぎたようで…(温泉ソムリエ・ニセコ)
  

Posted by トム at 23:59Comments(0)掲載・出演等

2017年03月04日

北海道新聞3月4日朝刊「朝の食卓」

雪まつりの湯 - さとう努
   ◇
 札幌・大通公園の雪まつりを訪れたのは、たまたま何かのついでに立ち寄ったのを除くと、過去に2回ほどで、いずれもとにかく寒かった印象が強い。会場内にはたくさんの休憩所が設けられ、暖を取ることはできるが、休憩所を出て歩きだしても、あまりの寒さにまた次の休憩所に駆け込む。その繰り返しだったのを覚えている。
 今年の雪まつりで、缶コーヒーの会社が会場内に休憩所を設営し、そこで足湯と手湯が楽しめると新聞に載っていた。1回100円。足湯か手湯が選べ、缶コーヒーと、雪まつり限定のハンドタオルがもらえるとのこと。おもしろい。限定ハンドタオルはぜひ手に入れたい。ということで、わざわざ行ってみることに。その日、当別町で温泉施設を営む湯仲間も、同じ目的で会場を訪れていると知り、一緒に足湯を楽しむことになった。
 待つこと30分ほどでわれわれの番に。お湯はまさかのコーヒーではなく、洞爺湖温泉からの運び湯で、足をつけて5分としないうちに体がぽかぽかしてきた。15分の制限時間を迎えた頃には額もうっすら汗ばむほど。いつの間にか行列もできている。盛況だ。
 これ、例えば道内各地から温泉のお湯を持ち寄り、会場内それぞれの休憩所で楽しめたらどうだろうか。観光客は冷えた身体をあたためられ、温泉地のPRにもなる。ついでにスタンプラリーでもあれば、われわれみたく景品目当てで行っちゃう人もいそうだし。期間限定「雪まつり温泉郷」…あったらいいなぁと。
(温泉ソムリエ・ニセコ)  

Posted by トム at 23:59Comments(0)掲載・出演等

2017年02月03日

今年最初のSTV「どさんこワイド179」出演!


 先週、温泉ロケに行った時の模様が本日放送される予定ってことで、朝刊のテレビ欄で確認。何かよほどでかいニュースで内容が変更にならない限りは予定通りに放送。


 はい、放送されました。蘭越町の新見温泉でございました。放送内容は、STV「どさんこワイド179」のサイトで!

◆STVどさんこワイド179(2017/2/3)「温泉のプロ厳選!極上の雪見風呂」
  

Posted by トム at 23:59Comments(0)掲載・出演等テレビ

2017年01月28日

温泉ロケ


 ゲストさんがチェックアウトしたあと、テレビのロケ隊がやってきて、一緒に温泉ロケに行ってきました。10月ぶりのロケでございます。なんだかんだ年に2本くらいは出させていただいてますね。感謝感謝です。


 分かる人には分かるかな? 分かっても言わないようにw 温泉だけではなく、そこのランチも取材。もちろん、入浴シーンだけでなく、食べるシーンもあります。放送は2月3日(金)。15:48からの札幌テレビ放送(STV)「どさんこワイド179」内にて。乞うご期待!  

Posted by トム at 23:59Comments(0)掲載・出演等テレビ